大手ハウスメーカーと工務店の違い

工務店だけにできること

自由度が高いというメリット

大手ハウスメーカーに比較すると地域の工務店は価格が安くできるという大きなメリットがあります。
工務店で依頼する利点としては価格だけではなく自由度が挙げられています。
大手ハウスメーカーの場合には規格が決まっているため規格外の要望には添えないことが多々あります。
規格外に答えるとしてもそれは価格に跳ね上がってきます。
その点工務店は初期の段階でプランを立て顧客の要望も考慮に入れることが大変多いのです。
デザインの要望にも大変柔軟性があると言えます。
独自のデザインがある場合は大手ハウスメーカーの様なデザインの変更でも価格に影響しますが特に素材に拘る以外であれば工務店は希望に沿う形で叶えることが出来るという事でしょう。

大手とはここが違う

具体的にハウスメーカーではなかなかできないが工務店では出来るという事はあるのでしょうか。
例として挙げられるのは窓があります。
大手ハウスメーカーは基準があるので個人の要望に添えないことも多いといいます。
例えば天井から床までの全面窓などは工務店のほうが相談しやすいようです。
構造上軟弱になる場合もあるのでそれを相談しながらになりまし、大手でも全く出来なと言うものでもなく、逆に工務店でもできない場合もあるという事は理解しましょう。
限られた予算内でどこまでできるかがネックですね。
つまり工務店を選ぶ場合は工務店の実績や質によって成果にはばらつきがあります。
また工期の面では大手のメーカーのほうが若干早いと言えます。

色々な手続きに関しては自分で申請が必要なこともあるのでこのことは知っておく必要があります。


TOPへ戻る